オフィスの家具について

オフィス家具と地震

日本は昔から地震に悩まされ続けてきました。そのため、日本は地震大国とも言われています。オフィス家具に対しても地震の被害は出てくると思います。

地震大国だから

日本は地震大国だからこそ、地震に対する法律や対策グッズは世界一だと言われているそうです。万一のために、オフィス家具に対しても地震対策をしましょう。

1 地震の被害

日本は昔から頻発に地震が起こる国です。それは環太平洋地震帯の真上に日本があるからです。では、もし実際にオフィスで地震があったら、オフィス家具はどのような被害を出すのでしょう。

オフィス家具の中では最も被害を受けやすいのは背の高い収納家具でしょう。その中にいろいろなものが入っていて重くなっていた場合、それが倒れたら周囲に大きな被害を与えてしまうでしょう。例えば机の上にあるパソコンなどに落ちてきたり、窓ガラスに当たって窓ガラスを割ってしまうなどが考えられます。

また、収納家具の上の部分にだけ物や書類など、重いものを入れている場合は重心が偏ってしまうので、転倒しやすくなっています。上下連結が可能な収納子もありますが、自身の際にずれが生じて、上の収納子が落下してしまう場合も考えられます。

壁に固定するタイプの壁面収納家具も、きちんと固定できていなかった場合には、転倒してしまうでしょう、壁に固定してあったとしても、自身に対して体力のない壁に固定してあったために。地震対策とはならないで、転倒してしまった例も少なくないようです。

オフィス家具の転倒によって、非常口をふさいでしまったり、ケガなどにつながった場合には、すばやい避難ができなくなります。小さい頃は、避難訓練で地震が起きた場合には、机の下に隠れるように言われていたと思いますが。机の下にパソコンの本体や、引き出しなどがある場合は、机の下には入れないでしょう。そんなオフィスでは、地震が来ないことを祈るしかできません。

2 地震対策をしよう

特に最近では、大きな地震が多くなり、大きな被害が起きていますし、そろそろ関東大震災クラスの大地震が起きるとも言われています。ビルや住宅などの建造物については、法律が整備されて、地震対策が採られているようですが、その中のオフィスはそうでもないようです。良くニュースなどで、地震の映像として目にするのは、机やイスが激しく揺れ動き、収納棚などが倒れてきてしまうと言うものが多いでしょう。

そこで、オフィス内のオフィス家具にも地震対策を行うのも必要なことです。収納棚や書庫で考えてみると、上下に重ねている週の棚や書庫はきちんと連結できているか、さらに天井まで届くような高さのある修の棚や書庫は、壁にしっかり固定されているか、テーブルの脚は地震のときでも動きづらいようになっているかなどが考えられます。

オフィス内にはまださまざまな種類のおふぃすかっがありますし、昼間の勤務時間、それどころか今地震が来ないとも限りません。建物自体が、大地震に対して安全でも、オフィス家具が倒れてきて、ケガをする可能性もありますし、最悪で死亡してしまうかもしれません。

日本は本当に地震が頻発する国なので、明日にも大きな地震が来るとも限りません。オフィスを見回して、地震対策としてどんなことをしなければならないのかを考えてみましょう。

注目サイト

吉祥寺 エステ

最終更新日:2017/11/10